おこづかいをネットで稼ぐ

適切な情報をゲットしましょう

スポンサー広告

meta keyword

2017/02/09

ホームページを作成していろいろなコンテンツを掲載してバナー広告などでおこづかい稼ぎを狙っても訪問者が少ないとなかなか稼ぎになりません。そこでアクセスアップのためにHTMLを見直すことになると思うのですが。

HTMLのhead要素内にmeta要素を記述して付加情報を記述します。その中でname="keyword"を書いてcontent="ここに検索してほしいキーワードを列挙"というものがありますが、Googleさんにおきましてはkeywordは無視されているということです。

Googleがサポートしてるメタタグというページの一覧の中にありません。ここにないものは無視されますと明記してあります。なのでマイナスにはならないと思いますが、Google検索からの流入を期待する場合はmetaのkeywordは不要ということです。

それよりも、大切なのは、metaのDescriptionだと思われます。 検索結果に表示されるスニペットの一部として使用される場合もあります。 とあるように検索結果の下に内容が書かれていると思いますがそこの文章として使われる可能性が高いです。

おそらく皆さんもグーグルで検索したら検索結果の下の文章を読んでほしい情報か、不要な情報かを判別していると思います。そこの文章になりますのでいかにサイトに訪問してもらうか大切な分かれ目になります。

絶対ダメパターンは既存のページをコピーして、タイトルだけ変更して、Descriptionがそのままのページを作成することです。さすがにtitle要素の内容を変更しない人はいないと思いますが、Descriptionは意外とそのままが多いかもしれません。実は、私も以前はそうしていました。

ページ(アドレス)が変わっているということは内容が違うので分けたことにほかなりませんので(検索結果のページングなどは別)タイトルもDescriptionも違うことが当然となります。

いちいち考えて書くのめんどくさいんですけどね。今は私も、必ずDescriptionもページごとに違うものにしています。

外部リンクはアクセスアップのためのリンク集をご利用ください。このサイトからの流入数が表示されます。よろしくです。

スポンサー広告